Ptau(ピトー)の結婚指輪を購入。私がピトーを選んだ理由や指輪の画像など

f:id:poyonme-yomu:20210731130329p:plain

先月に注文していた結婚指輪が出来上がりました。

 

結婚して2年。結婚指輪を欲しいと思ったり、いらないと思ったり、ずーっとふらふらと過ごしてきましたが、今年の春頃に「やっぱり買おう!」と決断しました。

お金はかかるけど、延々と悩み続けていた結婚指輪問題に終止符を打ちたかったのです。(それと大きい買い物は早いうちに済ませておきたかった)

 

ただ結婚指輪の購入を決めてからも、それはそれで悩みました。

そこまで高い指輪は買えないし、自分がどういった指輪が欲しいのかもわからない。

とにかくネットで検索しまくって、自分がいいなと思えるものはどんな素材で、どんなデザインの指輪なのかを想像し続けました。

 

そして、最終的に決めたのが、Ptau(ピトー)の結婚指輪だったのです。

 

Ptau(ピトー)は、あの"PILOT"から生まれた結婚指輪

 

結婚指輪の画像1

PILOTといえば、そうです。筆記具メーカーのあの”パイロット”です。

ピトーも含め、PILOT jewelry(パイロットジュエリー)として様々なブランドが展開されているようですね。

結婚指輪について調べるまで、パイロットが宝飾品まで手掛けているなんて、知りませんでした。

 

私が結婚指輪をPtau(ピトー)に決めた理由

私がパイロットジュエリー、その中でピトーを選んだ理由は以下の通りです。

 

・パイロットが手掛けている結婚指輪だなんて、ちょっと個性的だと思ったから

・丈夫そう&付け心地が良さそうだったから

・セミオーダーできるので、自分の好みに近づけられるから

・予算はペアで15万円前後で、ほぼそれに近い金額になったから

 

硬度などについては、ピトーのサイトでとても詳しく説明されています。(私にはちょっと難しかったですが…それだけ製品にこだわっているのだと感じました)

またデザインや幅、ダイヤの有無なども選べるようになっていて、ある程度自分の理想通りの指輪が作れます。

 

サイト上でシミュレーションができて、価格や仕上がりのイメージがわかりやすかったのもよかったです。

費用面でも夫が約10万円、私が約8万円と、ほぼ予算通りになったのも、ピトーを選ぶ理由のひとつとなりました。

 

オーダーしたPtau(ピトー)の結婚指輪

実際に手元に届いた指輪がこちらです。

結婚指輪の画像2

結婚指輪の画像3

指輪のデザインは、夫がキルトラウンド(リング幅3ミリ)、私はラウンド(リング幅2.5ミリ)です。

 

私の指輪にダイヤをつけるかどうかずっと悩んでいたけど、もしダイヤが取れたりくすんだりしたら、お直しするのも面倒だな~と思い、つけないことにしました。

華やかな指輪は結婚指輪じゃなくてもいいかなと。

 

結婚指輪の画像4

ダイヤはつけませんでしたが、内側に誕生石を入れました。

シミュレーションを見るとふたつ誕生石を入れられるようですね。

 

できれば誕生石は入れたいと思っていたので、ピトーが対応していてよかったです。

ちなみに刻印は入れませんでした。

 

結婚指輪の画像5

内甲丸(リングの内側の角をとって、丸く仕上げる加工)とのことで、たしかに指輪をつけていても違和感がないというか、つけ心地がいいです。

 

結婚指輪の画像6

結婚指輪の画像7

私が安い指輪しか使ってこなかったからか、やや重さを感じます。

つけていて感じることはないのですが…これが純金と純プラチナが融合された重さなのでしょうか…。

 

結婚指輪の画像8

リング幅は予想以上に太さがあるなと感じました。

あまり細すぎると破損の原因になりそうだし、これくらい幅があった方が安心かもしれませんね。

 

悩んだけど、やっぱりPtau(ピトー)にしてよかった

結婚指輪の画像9

結婚指輪について調べているときに、もっと指輪の情報があればいいなぁと思っていたので、ちょこっとでも誰かの役に立てれば…と、今回はピトーについて触れてみました。

 

個人的には、価格、デザイン、素材、つけ心地。どれをとってもピトーの指輪を選んでよかったと思っています。

 

ピトー特約店に行けば、実際にピトーを体験できるようなので、気になる指輪は色々と試しながら、心から気に入った指輪に出会えたらいいですね。