新たな小銭貯金法を取り入れてみる

500円貯金アイキャッチ

今まで様々な小銭貯金を試しては、ことごとく挫折してきました。

例えば、毎日決められた金額を貯金する方法。

1日あたりの貯金額が数十円~数百円と、非常に少額なので、続けやすいと思って始めてみました。が、毎日決められた金額の小銭があるとは限らないですよね…。

何日分かまとめて、千円札を貯金箱に入れるという手もあるけど、変なところで完璧主義の私は、きちんと毎日貯金をしないと気が済まなくて。なので、この小銭貯金法は3ヵ月でやめることとなりました。

 

銀色硬貨のみを貯金する方法も試しました。

これは50円玉、100円玉、銀色ではないけど小銭の王様である500円玉のみを貯金箱に入れる、小銭貯金法。これは意外と続いたんです。たしか1年弱くらいは、ちまちまと続けていたように思います。

金額としては最高でも3万円ほどしか貯まらなかったけど(夫におつかいを頼んだときに、ここからお金を持っていってもらったり、給料日前に拝借もしたりした)、マイペースに続けられるのはよかった。

…けど、いずれは小銭を入金することを考えたら、段々とやる気がなくなってしまいました。

少額ならATMで預け入れもできるけど、数百枚単位となると、窓口に行かなければならない。持って歩くのも重たくて面倒だし、入金するのに手数料がかかる場合もあります。

1~2万円分くらいの小銭なら家に置いておいてもいいと思います。ただそれ以上になると入金の手間が頭を過るので、いつの間にか貯金をする頻度が減ってしまいました。

 

こんな私でも、小銭貯金を続けられる方法はないか…。先日、手元にある小銭を眺めながら、小1時間ほど考えていました。そして、新たな小銭貯金のやり方を見つけることに…!

 

それが、月末500円玉貯金法!

 

ただの500円玉貯金だと、なかなか貯金箱に入れることができず、早く貯めたいのに貯まらないジレンマに、ただでさえ飽きっぽい私はすぐに断念。

今回からは、その月に発生した500円玉を、袋や封筒に集めておいて、月末にまとめて入金する、という方法を取り入れようと考えたのです。

これなら毎月少しずつでも通帳の数字が増えるので、スカスカの貯金箱を眺めるより、貯めている実感が湧きやすい。また通常の小銭貯金よりも硬貨が少なくて済むので、手軽にATMで入金することが可能となっています。

 

500円玉の画像
今現在、手元にある500円玉は22枚。100円玉は約80枚。それと50円玉がいくらか。これは銀色硬貨を貯金していた容器から取り出したものです。

100円玉と50円玉はそのままにしておいて、500円玉を近いうちに入金することにしました。

そして、本日4/4から手に入った500円玉は残しておいて、月末にまとめて入金します。

 

いくら貯めることができるだろう、というか、いつまで続けることができるだろう。最低でも年末までは続けたいし、できれば結果も報告したい。

ちなみに500円玉を入金しようとしている通帳には、現時点で1000円ほどしか入っていないことを、最初に報告しておきます。

 

「預金は預けるもので下ろすものじゃない」

小学生の頃から好きで読んでいる漫画に出てくる、某海産物姉妹の、姉が言っていた言葉。今のところ使い道は決めていないので、決まらないうちは、通帳の数字が増えていくことだけを楽しみに、下ろすないように気をつけようと思います。