"コンパクト"な〇〇ペーパーを選んで、おうちすっきり、買い物も楽に

f:id:poyonme-yomu:20210613143211p:plain

スーパーとドラッグストア、どちらでも買い物をしなければならないときは、できれば一度の外出ですべてを済ませたい。

しかしトイレットペーパーやキッチンペーパーなどのペーパー類を買う場合、片方の買い物を終わらせてから、一旦家に戻る必要があります。

二度手間だけど、持てないから。

 

その日の買い物の量にもよりますが、とにかく嵩張るんですよね、ペーパー類は。

トイレットペーパーを買うと、片手が完璧に塞がってしまうし、キッチンペーパーも我が家は消費が激しく、一度にふたつは購入するので、重さはそこまでなくても結局大荷物に…。

 

車がないので仕方ないですが、ペーパー類を買いに行くのがとにかく億劫でした。

 

しかしそんなペーパー類も、段々とコンパクトになってきているようで。

特にトイレットペーパーは、以前からコンパクトサイズは売っていましたが、最近はその種類が増えたように感じます。

これならペーパー類を買っても、大荷物にならず、一度で買い物を済ますことができるかも…と、我が家でも取り入れることにしました。

 

コンパクトサイズのここが好き!

コンパクトなトイレットペーパーの画像

コンパクトサイズのトイレットペーパーの良いところ

コンパクトサイズのトイレットペーパーの良いところは、なんといってもサイズが小さいので、持ち運びがしやすいこと。

1ロールがみっちりしている分、多少重さはありますが、大きめのエコバッグだとすっぽりと入れることができます。

 

エコバッグの持ち手が長ければ、肩に掛けて歩くこともできるので、トイレットペーパーを買っても両手がフリーダム。

そこまで量がなければ、そのままスーパーへ買い物にも行けますし、持ち手のビニールが手のひらに食い込んで痛い、なんてことも避けられます。

 

それと従来のトイレットペーパーだと、エコバッグなどの袋に入れられないので、帰り道の「トイペ丸出し感」が少し気になっていましたが、エコバッグに入るなら、そんな気掛かりな点も解消されますよね。

 

ティッシュ型のキッチンペーパーの良いところ

キッチンペーパーについても、トイレットペーパーと同じように持ち運びがしやすいというメリットがありますが、コンパクトサイズ(ティッシュ型)のキッチンペーパーは買い置きしておくのに大変便利だと感じました。

 

先程も書いたように、キッチンペーパーは少なくとも一度にふたつは購入します。しかしそれもあっという間に使い切ってしまいます。

なので、できればもう少し買い置きしておきたい。(キッチンペーパーの消費量の削減も必要ですね…)

 

ただあまりたくさん買うと、今度は置き場所に困るんですよ。

家に収納スペース自体はあるのですが、キッチン用品はキッチンの吊り棚だけで、収納を完結したいのです。

 

吊り棚にはラップやビニール袋なども収納していますので、ロールタイプのキッチンペーパーもとなると、5~6個も入れたらスペースに余裕がなくなります。

なので買い置きといっても、せいぜい2パック程度じゃないと難しい。

 

その点、ティッシュ型のキッチンペーパーだと、かなりすっきりと収まることがわかりました。

エコバッグ的にも収納スペース的にも、一度に4袋は買えちゃいますので、もう少し買い置きしておきたいという欲求も、ばっちり満たせます。

 

キッチンペーパーホルダーなんかも使っていなく、むしろペーパーをちぎる手間がなくなる分、ロールタイプよりもティッシュ型の方が、我が家には合っているようです。

 

 従来のものと比べてみた

1.サイズ

我が家で使っていた従来のものと、コンパクトサイズの大きさを比べてみましょう。

 

まずはトイレットペーパー。

コンパクトなトイレットペーパーの比較画像1

コンパクトなトイレットペーパーの比較画像2

右側がコンパクトサイズ(ネピアの1.5倍巻き)で、左側が従来の12ロール入りのタイプ(これもネピアだったかな)です。

めちゃくちゃ大きくなった…という感じはしませんね。あまり変わらないような。

8ロールで12ロール分の長さといっても、トイレットペーパーが極端に大きくなる、というわけではなさそうです。

6ロールタイプのトイレットペーパーだと、もう少し大きくなるのでしょうか。

あ、ちなみにどちらもシングルです。

 

次にキッチンペーパー。

コンパクトなキッチンペーパーの比較画像

右側がティッシュ型(ハローキッチンペーパー)で、左側がロールタイプ(PB品)です。

あまり変わりませんね…。少しだけロールタイプのほうが大きいかな?

 

2.使用感

使用感については個人差もありますし、キッチンペーパーのようにメーカーが違うものだと比べようがないのですが、ざっくりといえば、どちらも使う分には問題なしでした。

 

キッチンペーパーは従来のもののほうが若干柔らかかったな~くらい。

トイレットペーパーに関しては今までと変わらない使用感でした。

 

どちらも使い終わった後は捨てるものなので、多少使用感が違っていても、私はあまり気になりませんねぇ。

 

収納もすっきり!トイレットペーパーも棚にしっかり収まる!

最後に、収納はこのようになりました。

コンパクトなトイレットペーパーの収納の画像

コンパクトなキッチンペーパーの収納の画像

どちらもすっきりと収まるようになって嬉しい~。

 

特にキッチンペーパーは、縦に積めるようになった分、ロールタイプのものと比べてかなりの数を収納できます。(今はスカスカだけど、キッチンペーパーの棚にはビニール手袋などの買い置きも置くので、普段はもう少しスペースがない状態)

 

トイレットぺーパーは横にしないと置けませんでしたが、コンパクトサイズだとそのままの状態で置くことができました。

 

すっきりと収まっていて、見ていて気持ちがいい。

 

コンパクトサイズはメリットたくさん

ペーパー類をコンパクトサイズにしたら、スーパーやドラッグストアといった買い物の"はしご"がしやすくなるだけでなく、持ち運びも楽に、そして収納スペースも取らないなど、たくさんのメリットがありました。

 

私が利用しているドラッグストアでは、どちらもほとんど値段が変わりませんでしたので、継続して買い続けられるのは助かります。

内容量は商品にもよりますが、我が家のキッチンペーパーの場合、今まで使ってきたロールタイプのものは4ロール50カット、最近購入したティッシュ型は70枚×3と、割高感がないのもいい。

 

ミニマムなのに機能は充実!みたいなもの、大好きです。

もうこれからはコンパクトサイズ以外、買えないな~。