【フードデリバリーや自販機での飲み物購入など】費目分けしにくい出費を、わかりやすく一箇所からにしてみた

f:id:poyonme-yomu:20210823152505p:plain

昨日、7月分の家計簿を締めました。

今月は小銭がちょろっとでしたが、余ったお金はすべて貯金箱(ファスナーのついたぬいぐるみ)に入れます。

今後、ここに入れたお金は、基本的にフードデリバリー代や、自販機で飲み物を購入するとき用などに使っていくことにしました。

 

フードデリバリーやちょっとした買い物、これって何費?

フードデリバリーを頼んだときや、ジュースが飲みたくなってマンション下の自販機を利用したときなど、「はて、この出費って、一体何費なんだろう」と思うことが多々ありまして…。

自販機くらいなら私か夫のお小遣いからでもいいのですが、フードデリバリーともなると、それなりの金額。(自販機でももったいないと思うけど…)

 

これは食費?それとも娯楽費から捻出している、外食費?

 

自分でもよくわからないまま、「私のお小遣い+娯楽費」からとか、「引き落とし用口座の残高」からとか、毎回色々なところから支払っていました。

 

費目分けしにくい出費は、全て貯金箱から支払うことに決めた!

楽に美味しいものが食べられるので、夫婦の楽しみのひとつとして、フードデリバリー代は家計から出していたけど、いくら使ったのか曖昧になるし、家計を圧迫していることは明確でした。

 

広く家計から出しているので、「お金がないから注文は我慢する!」という選択肢が浮かびにくく、「お金が足りないから、あそこから拝借して~」と、どうとでも頼めてしまうのも問題だと思っていました。

 

登録しているデリバリーサービスを減らして、以前よりは注文する頻度も少なくなっているけど、このままだと貴族並みの贅沢病にかかりそうで心配…。

 

そこで目を付けたのが、この貯金箱。

特に目的意識を持ってお金を入れていたわけではないので、これからは貯金箱にある分だけ、フードデリバリーや飲み物代に充てていいことにしたのです。

 

専用のお金があれば、残金もわかりやすいし、お金がなければ頼むことができない=我慢するしかない。

貯金箱には、財布の中の小銭が重くなったときや、生活費が残ったときくらいしか入金することがないので(あとは夫の気まぐれ)、フードデリバリーや自販機で飲み物を買いたいのなら、頑張って黒字家計にしていかなければなりません。

 

ちょっと厳しいかも?と思った私は、やっぱり贅沢病に片足突っ込んでいるなぁとゾッとしながらも、これからはこの方法でいこうと決めました。

 

「貯める」と「使う」のメリハリをつけて、ゆとりを持った家計を目指す

今回のことを機に、家にある封筒積み立ても整理することに。

「残し貯め貯金」という生活費の残りを管理していた封筒もありましたが、こちらはやめることにしました。

今回決めたように、すべて貯金箱に入れて、フードデリバリー代や飲み物代に使います。

 

まだ「お金の管理力」が養われていないのに、意識"だけ"は高めようとするものだから、ちょっとでもお金に余裕があると、「〇〇用積み立て」「○○用貯金」という封筒なり口座なりを作りたくなって、家計をカツカツにしてしまうんですよね、私の場合…。

それで、「まぁ色々と積み立てもしてるし?」と変に安心して、結局使ってしまう。

 

それなら、使う・使わないのメリハリをきちんとした方が、「お金が足りないから、あそこから拝借して~」を無くすことができるんじゃないかなぁと思いました。

ぎっちり家計を縛るより、多少のゆとりも大切かと。

 

貯金箱にあるお金は、フードデリバリー代として、自販機で買う飲み物代として、コンビニでのちょっとした買い物代として、使っていい。

でも、無くなったら我慢しなければならない。

 

今はこれくらいの支出と娯楽のメリハリが、苦でも贅沢でもなく、ちょうどいい気がします。

 

計画倒れしないように、行動を

見て見ぬふりをしてきたフードデリバリー代や、ちょっとした買い物などの支出先。ひとまずこの問題は落ち着きそうです。

計画だけはバッチリ!な性格の私だけど、計画と行動を伴ってバッチリ!と言えるように、自分たちに甘くならないよう自制することを心掛けていきます!

 

ちなみに夫の立替金も、この貯金箱から支払いました(^^)

poyonme-yomu.com