【道産子のぼやき】北海道大好きな私が地元を離れて感じたこと

f:id:poyonme-yomu:20210702140025p:plain

私は生まれも育ちも北海道。今は北海道から離れていますが、心はいつでも道産子です。

約30年間北海道で過ごしてきて、まさか今になって道外で生活することになるとは、夢にも思いませんでした…。

 

今回はそんな私が北海道を離れて思ったことについて書いていきます。

 

当然だけど、セイコーマートがない

道民お馴染みのセイコーマート

地元ではセコマ派とセイコマ派に分かれていましたが、私は断然セコマ派。

今はどのコンビニでも食材や総菜、日用品などが置いてありますが、昔はスーパーで買い忘れたものや、ちょっとした食材を買うのには、セコマ一択でした。

今でも「あ、豆腐買い忘れた!」となると、無意識にセイコーマートに行こうという気持ちになります。

そして、セコマが無いことを思い出し、がっかりしながら別のコンビニで事を済ますのです…。

 

あとはドライブをしているとき。こんなところに?というような場所にもセコマはあります。

飲み物が買いたいけど、トイレに行きたいけど、こんな辺鄙な場所にコンビニなんてないよね~…なーんて思っていたらセコマがあったりして、その存在にめちゃくちゃ、いいえ、なまら安心していました。

 

あんなに寄り添ってくれていたセコマが無いなんて、悲しいなぁ。

 

カツゲン・やきそば弁当・ホンコンやきそば…ご当地飯はネットで買うことに

当たり前に食べていた(飲んでいた)商品が、北海道を出ると売っていません。ご当地物は仕方ないですよね。

特にホンコンやきそばが大好きなので、これが食べられないのはちょっと切ない。

付属の青のり+ごまをふりかけて食べるのですが、まー美味しいんですよ。ピリ辛しょっぱいお味がたまらない。

 

やき弁には粉末の中華スープがついていて、麺よりこの中華スープの方が好きでした。

内地に越してきて初めてペヤングを食べたときに「あ、スープはついてないのか」と思った記憶があります。(数回しか食べたことがありませんが、ないですよね?)

やきそば弁当もペヤングも、どちらも同じくらい美味しいですが、たまにあのスープが無性に飲みたくなります。

 

今はある程度ネットで購入することも可能なので、どうしても食べたくなったら”ひとポチリ”で解決できるのがありがたいですね。…にしても、やきそば好き過ぎるな。 

 

 

6月~10月までが暑くて辛い。梅雨の存在も厄介

気候の違いは暮らしてみないとわからないですね。

近年の北海道の夏もかなり暑いのですが、それでも1~2ヶ月間だけ。こちらは6月頃から10月中旬くらいまで、暑い。

真夏なんかは日差しで皮膚がじりじりして、もはや痛みを感じます。空気がもわっと熱すぎて、息を吸うのも苦しいなんて体験も初めてしました。

寒いのには慣れているので、冬は全然平気ですが(それでも北海道より空気が乾燥しているせいか、芯から凍える寒さ)、夏はできるだけ外に出たくありません。

めちゃくちゃセミも鳴いてるし、たまに落ちてるし…。旋回して飛んでくるのはなぜ…?

 

それと梅雨。北海道には梅雨がないので、ずっと他人事でしたが、なんて厄介なんでしょ。

洗濯物は乾かないし、買い物に行くのも雨が続いて面倒になりがちですし、これが1ヶ月近く続くなんて、絶望です。

いつかは慣れる日がくるのでしょうか。

 

Gが怖すぎる

幸い私は遭遇していないですが、札幌の繁華街にはGがいるそうです。

それでも日常的に出くわすことは、そう多くはないかと思います。

なのに内地にきてからと言うものの、野良猫がGをちょいちょいしていたり、外でしたが、目の前を横切って行ったりと、当然のように存在していて…本気で怖いです。

 

地元のバーで飲んでいた時に、大阪から引っ越してきた人と話しました。その方、Gが嫌すぎて北海道にきたとのこと…。

そんなにやばい生き物に家で出くわしたらどうしたらいいんですかね?!

内地の皆さんは、どうやってアレの存在と向き合っているんですかね?!

 

出くわす前に北海道に帰るのが私の目標です…。

 

 

ここまで色々と書きましたが、反対に、ずっと北海道に住んでいたら知ることができなかったことも多いな~と感じています。

 

北海道には無いものや発見など

内地の方は当たり前の感覚だと思いますが、電車に乗っていて、たった数駅過ぎただけで、もう別の県にいる。これがすご~く不思議でした。

当然ですが、北海道には隣接する県がないので、県を跨ぐときは未だにわくわくします。

「あれ、さっきまで大阪にいたのに、もう京都!?飛行機に乗らなくてもこれるんだ!」みたいな。うーん、やっぱりすごい。

 

あとデイリーヤマザキとミニストップも初めて行ったときは感動しました。

ミニストップのハロハロなど、店内であそこまで本格的に作ってくれることに、とにかく驚きでしたね。

セコマだとホットシェフという店内調理コーナーがありますが、それともまた違っていて面白い!

 

デイリーヤマザキはゴールドソフトという、何やら高級な食パンがありますが、私はあれが好きで。あとバウムクーヘンの切り落としも好きで…。

これらの美味しい発見は、北海道にいたら知ることができなかったな~と思います。

 

スーパーなんかも見たことない商品がたくさんあって、今やスーパー巡りが私たち夫婦の趣味となっています。

 

それと歴史を感じる機会が多くなりました。

お城や神社はもちろんのこと、教科書で見たような人物が、間違いなくそこにいたんだと感じさせてくれる場所がたくさんありました。

北海道とは違う文化に触れる機会が日常的にあって、どこに行っても刺激を貰えています。

 

なんだかんだで道外の生活も楽しめています

北海道が大好きで、絶対に道外に出ることはないと思っていましたが、出たら出たで楽しいことや新しい発見も多々あり、決してマイナスなことばかりではなかったです。

その土地の食べ物であったり習慣であったり、全部が目新しく、面白いのです。

 

せっかく内地にいるんだし、もっと見てみたいものや行ってみたい場所もある。

いつかは北海道に戻ると決めているので、それまではこの道外生活を満喫しようと思います。