「クイックル ジョアン除菌スプレー」はオールマイティーに使える優しい子だった

f:id:poyonme-yomu:20210609181157p:plain

ドラッグストアに行けば、除菌グッズが豊富に陳列されていますね。

我が家では除菌ができるウェットティッシュが必須なのですが、先日新たに除菌スプレーも買ってきました。

クイックル Joan(ジョアン)除菌スプレーです。

 

・99.9%除菌(すべての菌を除菌・抗菌するわけではないけど)

・用途が広く、色々な場所に使えそう

・デザインがシンプルでオシャレ

・容量も多く(私が購入したものは400ml)、500円以下でお手頃価格

 

以上の理由から、こちらの商品を手に取りました。

 

ジョアン除菌スプレーについて

すごい限定的な理由で除菌スプレーを購入したのですが(どうしても除菌したい場所があった)、いざ家に除菌スプレーがあると、あれもこれもと何でも除菌したくなりますね。

今までは「除菌ならウェットティッシュがあるし」と思っていたけど、スプレーの方が経済的かもしれないです。

 

除菌スプレーの画像2

商品説明もシンプルでわかりやすい。

商品を手に取ったときに、パッと理解できるのはとてもいいな。

 

こちらの除菌スプレーはノンアルコールタイプですね。

成分はローズマリー水、抗菌剤、安定化剤、除菌剤との記載がありました。抗菌成分には発酵乳酸が配合され、それでいて弱酸性。

手へのやさしさを考えた処方という言葉にも納得してしまうくらい、穏やかなイメージです。

私の場合、刺激を感じたり手荒れしたりというのも、今のところはないですよ。

24時間抗菌というのも魅力的。

 

ジョアン除菌スプレーの用途

続いて用途ですが、食卓、調理台、キッチンカウンター、床(フローリング・ビニール)、子ども用品、家具、窓などの除菌・抗菌に、とのこと。

家の中の至るところをカバーしていますねぇ。

除菌スプレー用途1

 

逆に、水ぶきできないもの、水洗い不可の表示があるもの、うるし塗り、液晶、革製品などには使えないみたいです。

除菌スプレーの画像2

 ※詳細は商品をご確認いただければと思います。

 

購入する前に自分の使いたい場所で使えるか、要チェックです。

 

ジョアン除菌スプレーを使ってみる

どうしても除菌したかった場所には無事使うことができましたので、それ以降はテレビのリモコンや室内・玄関のドアノブに使っています。

ここらへんはよく触る場所ですし、できるだけこまめに除菌するようにしています。

手軽なので手間とも思いませんし、ひたすら無心で除菌。

 

あとは玄関の床(たたき)ですね。

なんでそんなところ除菌するの?と思われるでしょうが、除菌というか水拭き感覚で使っちゃってます。

 

見づらいですが、満遍なくスプレーして…

除菌スプレーの画像3

 

キッチンペーパーで拭き取る。

除菌スプレーの画像4

普段はほうきでゴミを取った後、フローリングシートで拭いていました。

しかしこの除菌スプレーを吹きかけて、キッチンペーパーでササッと拭きあげれば、雑巾やバケツを使うことなく、簡易的に水拭きができます。

水道水をスプレーボトルに入れてもいいのですが、ただ単に水拭きするよりかは、除菌できた方がなんとなく嬉しい。外から連れてきた菌を退治している妄想をよくしています笑

 

これならフローリングシートの節約にもなりますし、何といっても玄関がいつもピカピカで気持ちいい。

もちろん洗剤でないことは重々承知しております。この商品は除菌スプレーであり、私が勝手に使い道を増やしているだけです。すみません、弁解でした。

 

少し不安もあるけど、除菌スプレー、いいかもしれない

除菌スプレーは初めて使いましたが、あると安心感がありますし、すっきり感が癖になりそうです。

どうしても除菌したかった場所にシュッと拭きかけたときに、ものすごく胸がスッとしたんですよ。

何度も何度も拭いたけど、やっと除菌できた、やっと綺麗になった、って。快感でした。

 

ただ何でもかんでも除菌したくなったら、私個人的にはあまりよろしくないかもしれない。ただでさえ若干の潔癖症なのに、これ以上になると本格的に潔癖症になってしまう…。

しかし今の世の中、除菌は大事…。

ひとまずは決まった場所にしか使っていないので大丈夫かと思いますが、"除菌"ともうまく付き合っていかないとな~と思いました。

 

個人的には、お値段的にも使い勝手的にも、家に1本あってほしい。

そんな商品でした。