もしもアフィリエイトでAmazon否認されたけど、ちょっとだけ手を加えたら2度目の申請で提携できた

アマゾン承認アイキャッチ

グーグルアドセンスに合格してすぐに、もしもアフィリエイトに登録しました。

それと同時にAmazonと提携すべく、もしもアフィリエイト内からAmazonに提携申請を出しました。

数日以内には何かしらの連絡がくるでしょうと思っていたのですが、なんと1週間経っても連絡がこない。思ったより時間が掛かるのね、なんて思いながら、10日目くらいでしょうか。やっときましたよ、返信が。

 

否認されましたって。

 

結果が出るのを今か今かと待ちわびていた分、否認という言葉を見たときはがっくりきましたね。というか何が悪かったんだろう。

まだまだアクセス数も少ないですし、ブログ自体も始めて1ヵ月程度。あまりアフィリエイトのことはよくわかっていないのですが、今の状況じゃ広告を載せるまでもない、ということなのでしょうか。

 

こちらには否認の理由がわからないので、とにかく提携できるまで再申請してみようと思い、それが可能になるまで3日ほど待ちました。(提携申請のボタンが再び押せるようになるまで日数が必要みたいですね)

そして再び提携申請をするのですが、なんと次は申請してから2時間ほどで「提携が承認されました」との連絡が…!

えー?なんで???めちゃくちゃ嬉しいけど、前回との日数的な差、すごくないです?

 

それに手を加えたことなんてひとつしかないんですよ。

再申請できるまでの間に、自分の記事にいくつかAmazonの商品紹介のリンクを貼っただけ。これだけです。(あ、あとブログは書き続けていましたが、それは前回も今回も同じか)

 

同じように否認された方がAmazonのリンクを貼ったら承認されたと、どこかに書いてあったのを見たことがありまして。

「Amazonのリンク」に対する解釈が合っているか微妙でしたが、「編集サイドバーにAmazon商品紹介ってのがあったな」と思い、試してみたのです。(これははてなブログの記事を書く画面にありますよ)

再申請をする前に試したことなんてこれくらいだから、本当にこれしか思い当たる節がない。でもこんなことで承認されるの?という不思議な気持ちも…。

 

審査基準がわからないので、私はこれで承認されたと勝手に思っているけど、じゃあこれをやれば誰しもがOKかっていうと、たぶん違うと思う。

提携規定は最低条件としてクリアしていないといけないでしょうし、その人のブログの状況なんかも審査に影響するんじゃないかなと思います。

はっきりと公表されていないことなので、提携規定以外のことについてはどうしても憶測になっちゃいますね。

 

私個人としての心当たりは今回書いたことくらいでしたので、「提携規定やブログに関してどこも問題ないと思うのに、なぜか否認される…」という方がいれば、試してみる価値はあるかもしれません。

 

ひとまずはAmazon否認から無事に提携できてよかったです。