ニトリで購入した「ウォーターピッチャーレインボー」で、ストレスフリーな麦茶ライフを手に入れました

f:id:poyonme-yomu:20210615163611p:plain

1年以上ぶりに家で麦茶を作ろうと、麦茶ポットを購入しました。

実際にはピッチャーなので、麦茶ポットと呼んでいいのかわかりませんが、麦茶を作るために買ったので、我が家ではこれが麦茶ポット。

 

麦茶ポットに対しては、とにかくこだわりたい部分が多く、なかなか購入まで時間が掛かってしまいました。

でもそのおかげで、ニトリの「ウォーターピッチャーレインボー」に出会えましたので、妥協しないでよかったと思っています。

 

麦茶ポットは「パッキンなし、洗いやすい、大きすぎず小さすぎない」が必須

麦茶ポットに対するこだわりとして、まず一番に挙げたいのが、パッキンがないということ。

大した労力ではないけど、1日1回は麦茶ポットを洗うので、その度にパッキンも洗わなければならないのが、地味に面倒くさい…。

しかも気がついたらパッキンにカビが生えていることもあって、衛生的に保つのにもそれなりの労力がかかります。

 

それと同じくして、ブラシがないと洗えない麦茶ポットも私的にはNGでした。

ブラシだと隅までしっかり洗えているか不安になりますし、そのブラシをどこかに保管しておかなければならないとなると、ちょっと邪魔だなぁと。

 

あとはよく見る楕円型(?)の2リットルくらい入る麦茶ポット。これでもよかったんです、冷蔵庫が大きければ。

我が家の冷蔵庫は小さく、もちろんドアポケットも小さい。そこに冷蔵保管しなければならない調味料類を入れているので、すでにドアポケットの半分は埋まっています。

そこに2リットルタイプの麦茶ポットを入れたものなら、それ以外何も入れることができなくなります。500mlのペットボトルすら入りません。

ただ麦茶の消費も激しいので、 スリムタイプでも容量の少ない麦茶ポットなら、こまめに作り直す必要があって、それもまた手間なんですよ…。

なので、大きすぎず小さすぎないサイズがいい。

 

最低でもパッキンだけは絶対として、できればこれらすべてをクリアできる麦茶ポットを探していたのです。

 

まぁこんなわがままが通る麦茶ポットなんて、なかなかないだろうなぁと思っていましたが、意外と身近にあってびっくりしました。近すぎて全然頭になかった。

 

それが先ほども書いたように、ニトリで購入したウォーターピッチャーレインボーだったのです。

 

「ウォーターピッチャーレインボー」を見ていこう

ピッチャーの画像1

実際の商品がこちらです。

素材はガラスではなく、MS樹脂でできているそうです。

熱湯は不可。 容量は1.6リットルと、ものすごくちょうどいい!

 

ピッチャーの画像2

親切に説明書もついていましたよ。

 

ピッチャーの画像3

フタを見てもらえればわかるように、パッキンはついていません!嬉しい!

 

ピッチャーの画像4

それとフタに茶こしがついています。

フレーバーウォーターなんかを作るときにはとても便利だと思います。

もちろん反対側にあるフタの出口の場所を変えれば、通常の注ぎ方もできますよ。

 

ピッチャーの画像5

底面はレインボーで綺麗~。おしゃれ~。

以前これと同じ種類のタンブラーを持っていましたが、このピッチャーの存在は知らなかったなぁ。

 

私が求めていた麦茶ポットは、間違いなく「ウォーターピッチャーレインボー」だった

ピッチャーの画像6

これならパッキンもなく、広口タイプなので洗いやすく、1.6リットルと大きすぎず小さすぎずなので、求めるものすべてがクリアされています。

横に置いて保管することはできませんが、最初からそうするつもりもなかったので、個人的には何も問題ありませんでした。

 

ちなみに購入価格は800円弱。どうやら値下げされていたようです。

似たような商品を取り扱っているところも見掛けましたが、数千円とかなり値が張ったので、これくらい手頃だととても嬉しい。

 

ただ在庫があと少しなのか、近隣の店舗にはなく、私はニトリのオンラインストアで購入しましたよ。

ひょっとしたらすでに在庫がない可能性もありますが、そうだとしてもニトリさんならいつかもっと良い商品を出してくれる気がします。

 

このウォーターピッチャーレインボーのおかげで、ストレスフリーに麦茶を飲むことができ、心も体も潤いました。

たかが麦茶ポットかもしれないけど、毎日のものだからこそ、お気に入りを使いたいですね!