【ゆうゆうメルカリ便】ゆうパケットポストの「発送用シール」を使ってみたら、メリットしかなかった

f:id:poyonme-yomu:20210830133321p:plain

不用品がちょこちょこと出てくるので、先日もいつも通りメルカリを利用しました。

 

ありがたいことにすぐさま売れたので、さて梱包しますかと、事前に購入しておいたゆうパケットポストの専用箱に出品物を詰めようとすると…あれ、入らない!?

薄いし、そこまで大きさもないし、ゆうパケットポストでいけると思ったのに、あとちょっとが入らない!

 

ええ…困った。こうなったらゆうパケットプラスにするしかないか。

でもゆうパケットポストなら送料200円なのに、ゆうパケットプラスだと375円と、ちょっと割高。

何よりゆうパケットポストは、ポストに投函すればOKという手軽さが一番のメリットだと思っているので、そこを利用できないのは辛い…。

 

この日は日曜日で、近所の郵便局も閉まっていたため、結局コンビニから発送することにしました。

ただ、コンビニから発送したことがなかったので、ひとまずコンビニからの発送方法を調べようと、色々と検索していると………おや。

 

ゆうパケットポストの『シール』???

 

ゆうパケットポストの発送用シールが発売されていた!

どうやら2021年6月1日から「ゆうパケットポスト発送用シール」というものが販売されていたようです。

 

今までゆうパケットポストを利用する場合には、専用の箱を購入する必要がありましたが、この発送用シールを使えば、自分の持っている資材にペロッと貼るだけで、ゆうパケットポストとして配送可能になるとのこと。(サイズなどの規定は有り)

 

し、知らなかった…。でもたしかに、配送情報のところを見ると「ゆうパケットポスト(専用箱/シール)」と記載があって、「シールって?」と思った記憶があります。

 

もう少し詳しく調べてみますね。

 

配送料とサイズについて

送料については、専用箱で送る場合と同じく、全国一律200円でした。

 

サイズは、3辺の合計が60cm以内であること。長辺は34cm以内で、ポストに投函可能であること。

最小サイズは縦・横が14cm×9cm以上(円筒形状の場合は、長さ14cm以上、直径3cm以上)。

また、重さは2kgまでです。

 

厚さに関しては、特に定められたサイズがあるわけではないみたいです。

専用箱は厚さ3cmまででしたが、発送用シールを使えば、3cmを少し超えるくらいならゆうパケットポストとして送れるというわけですね!(3辺の合計60cm以内でポストに投函できるのであれば)

 

今回売れた出品物も、専用箱だとあとちょっとが入りませんでしたが、発送用シールを使えば、ゆうパケットポストとして送れるサイズだったので、帰宅途中の夫に発送用シールを購入してきてもらうことにしました。

 

ゆうパケットポストの発送用シールは郵便局だと20枚100円で買えた!

こちらがその発送用シールです。

ゆうパケットポスト発送用シールの画像

夫の帰宅経路にある郵便局は日曜日でも開いていたそうで、そこで購入してきてくれました。

20枚セットで税込100円と、めちゃくちゃ安い!

 

郵便局のほか、ローソンとイトーヨーカドーでも取り扱いがあるそうですが、こちらだと10枚75円と、郵便局で買ったほうがややお得になります。(メルカリストアでも20枚100円)

専用箱は1箱65円なので、それと比べてもシールのほうが安上がりになりそうですね。

 

シールだと家に保管するにも場所を取りませんし、いちいち専用箱を買いに行く必要もなくて、それだけでも大きなメリットです。

大きめの封筒などがあれば、10~20回は楽に発送できるので、あまり外出したくないときには本当に便利。

 

 

では、梱包していきます!

 

厚さが4.5cmくらいあるけど、大丈夫…?

資材は家にあったもので間に合いました。

ゆうパケットポスト梱包画像1

3辺の合計が60cm以内になっているかチェックします。

 

ゆうパケットポスト梱包画像2

横が約22cmで、

 

ゆうパケットポスト梱包画像3

縦が約32cm。長辺が34cm以内なので、ここはOKですね。

3辺の合計60cm以内も大丈夫そう。

 

問題は厚さです。

 

ゆうパケットポスト梱包画像4

約4.5cm…。

クッション封筒なので、ちょっと手で押さえれば4cmくらいです。

ポストの投函口のサイズは、ポストの種類によっても違ってくるそうですが、4cmくらいまでなら入りそう。

うーん…ギリギリいけるか?

 

衣類のような柔らかいものなら、ある程度潰すことも可能ですが、箱モノを包んでいるので、投函できるかどうか不安です。

 

【結論】4.5cmでも無事投函できました!

あまりに不安だったので、一度ポストまで行って、投函口に入るか試してみることにしました。

まだ発送用シールを貼っていないので、ポストの中に落とさないように気を付けながら…。

 

写真がなくて申し訳ないですが、無事に投函できることが判明!

ギュウギュウに押し込むことなく、サクッと入りました!(クッション封筒の中の緩衝材が潰れてくれたからだと思います)

 

もし入らなかったら困るので、メルカリ上ではまだ何も操作していませんでしたが、これで無事に手続きを進められます。

発送方法を「郵便ポストに投函」を選び、2次元コードを読み取って、あとは発送する商品にシールを貼って、ポストに投函!

 

これで専用箱を使わないでも、ゆうパケットポストとして送ることができました。

 

CHECK
今回は投函することができましたが、梱包する商品や、梱包素材などを考慮しても、厚さは4cm以下の方が安心できる気がしました。

 

 

発送用シールを使ったほうが個人的にメリット多し!

ゆうパケットポストを利用する際には、個人的に発送用シールを使ったほうが便利だと感じました。

 

シールなので買い溜めしておいても場所を取らないし、枚数もたくさん入っているのに100円程度と安い。家にある資材を使える。

既定のサイズを守れば、厚さ3cm以上でも投函できればOKだし、専用箱とは違って縦や横のサイズも自由にできる。いいことづくめです。

あとちょっと横に広ければ入るのに…というようなモヤモヤが減ります。

 

やっぱりポストに投函できるのが一番楽なので、ゆうパケットポストに良いサービスが増えて、とても嬉しいです。

おかげで今回、送れないかもしれないと思った商品を、ゆうパケットポストで送ることができました。

 

これからは今まで以上にゆうパケットポストを利用する機会が増えそうなので(まだシールも19枚あることだし)、引き続きメルカリにはお世話になりそうです(^^)

 

以上、発送用シールを使ってみた感想でした。