冷蔵庫内を掃除したことが、食材の無駄買いを減らすきっかけとなった

冷蔵庫のアイキャッチ

部屋の掃除をする際に、冷蔵庫の外側を拭くことはあっても、冷蔵庫内の掃除となると、なかなか億劫ですよね。

 

冷蔵庫の中にある食材を全て外に出すという作業も面倒ですし、棚板を洗ったり、庫内を拭いたりと、意外とやることがあって大変。

食材がたくさん詰まっている冷蔵庫なら、なおさら。

 

そんな放置しがちな冷蔵庫内の掃除ですが、我が家では月に1回程度は掃除をするようにしています。

冷蔵庫内を清潔に保つため、そして節約のためにです。

 

「ついで買い」は、お金も食材も無駄にする

我が家の食材の買い出しは、週に2回。

その都度、次回の買い出しまで買い足す必要のないくらいには食材を買っているのですが、飲み物や嗜好品が欲しくなると、ふらっとスーパーに足が向いてしまうこともあります。

 

そうすると、たまたま安くなっていた野菜や、広告の品など、買う予定のなかったものまでついでに買ってしまうんですよね…。

 

そうやって買った食材は、もちろん使い切るようにはしていますが、予定していた献立が狂ってしまって、結局余したり、食べ過ぎになってしまうことも。

私のやりくり下手も問題だけど、このままだとお金も食材ももったいないし、体にも良くないと、薄々感じていました。

 

食費はいつも赤字続きでしたので、これをやめたら節約になるのにな~、なんて思ってはいても、なかなかやめられず…だったのが、あることを機に、改善の兆しが見えてきたのです。

 

きっかけは掃除の延長線上にあった

いつだったか、すごく天気がよかった日。私は掃除に精を出していました。

晴れてる日って、いつも以上にやる気が湧きませんか?

部屋の掃除が一通り終わっても、その日はまだまだ掃除の気分が抜けませんでした。

 

どこか掃除するところはないかと探していたとき、ふと冷蔵庫が目についたのです。

 

冷蔵庫の外側は日常的に拭いていますが、冷蔵庫の中となると、年末の大掃除くらいでしか掃除することはありません。

ですが、その日はやる気に満ち溢れていましたので、「せっかくだから冷蔵庫の中でも掃除するか!」と、いそいそと冷蔵庫内の掃除に取り掛かることにしました。

 

掃除しやすい冷蔵庫を維持するためには、余計な買い物をしないことだと気づく

その日はたまたま買い物前で、冷蔵庫の中はほぼ空っぽ。

残っていた数少ない食材や、ドレッシングや味噌などの調味料を出してみると、思ったより汚れている…。

野菜のクズや、調味料がこぼれたような跡。それになんだかわからないけど小さなゴミなどが、点々と落ちていました。

 

こんなところに口に入れるものをしまっていたのか…と、少しゾッとしながら掃除の開始。

そしてピカピカになった冷蔵庫に大変満足しながら、こう思ったのです。

 

「冷蔵庫の中なんて大掃除のときしか掃除してこなかったけど、年末からの数ヶ月でこんなに汚れるなんて…もっと頻繁に掃除しないと」

 

「それにしても冷蔵庫の中身が少ないと、すごく掃除がしやすい。食材を外に出すのもあっという間だし、あとは棚板を洗って、庫内の拭き掃除をすればいいだけだから、想像以上に楽ちん」

 

「…ということは、冷蔵庫内の掃除を億劫だと思わせないためにも、買い物は必要最低限のものだけにして、ついで買いをやめれば、いつでも掃除がしやすい。

結果として無駄な出費も減る!」

 

これを機に、月に1度は冷蔵庫内の掃除をするようになり、余計な食材を買わない理由ができたのです。

 

冷蔵庫内の掃除を習慣化することは、節約にも繋がるかもしれない

今も週2回の買い出しは変わっていないし、ふらっとスーパーに寄ってしまうこともあるけど、以前と比べて無駄買いがグッと減りました。

たしかにお買い得な商品もあるけど、その時に必要ないなら買いません。いくら安くても、買ってしまった時点で予定外の出費になりますしね。

 

おかげで食材を余すことも少なくなりましたし、冷蔵庫内の掃除も習慣化できて、ピカピカの状態を保つことができています。

それにここ数ヶ月の食費の支出が、前月よりも右肩下がりになっているのは、こういったことも関係しているのではないかと思っています。

 

節約に対して大きな効果があるとは言い難いですが、冷蔵庫の中が綺麗なのはとても気持ちがいいですし、ちょびっとでも買い物に対する意識が変わるなら、やってみて損はないかもしませんね。

 

合わなかったらどんどん違う方法を試してみればOK!

 

トライアンドエラーで楽しい節約方法を模索していきましょう!